テレビ局女性アナウンサー           最難関度 ★★★★★


在京民放キー局は1000倍〜2000倍の狭き門となっている。
応募数は1局4,000〜5,000人(推定)・男女比1:2

あなたはアナウンサーに求められる人物像ですか?
 アナウンサー以上にジャーナリストな人
 瞬時の判断力
 時事問題に敏感
 明るく元気で笑顔が素敵で表情豊か心身ともに健康な人(大きい声はOK)
 性格がよい(人柄がよく感じがよく感性豊かな人、派手ではない)
 眼鏡よりコンタクト(カメラテストの時に反射してしまうので)
 服装のセンスのよい人(紺色のスーツは定番ではありませんが原色よりは薄目がよい)
 タレント感覚の勘違いタイプはNG(入社後に局の判断で起用される番組によってはOK)


@セミナー【あなたを局にPRするチャンス】9月〜12月
大学3年生の夏休み明けには戦線がスタートする。テレビ局のセミナーは有料です。
それぞれのテレビ局は、一般的にはセミナーを開いて、学生との接触頻度を高めて、目を付けた優秀な学生は正規試験の際は書類選考や予備試験などは免除される。


A試験【大学の学年末試験と重なる場合がある】翌年1〜2月
エントリーシート応募用紙(履歴書)に必要事項を誤字脱字がなく空欄が目立たないように記入する。
応募写真はプロのカメラマンのいる写真館で撮影した全身写真と顔のアップ若しくはバストアップ(上半身)写真を添付するのが一般的である。

〔参考〕CXなどは予約した会社訪問日にその場で応募用紙に記入させるケースがある。
生放送での瞬時の判断力を試すために意外性あふれる状況や質問も浴びさせられる。
例:面接前の心境を五・七・五で表現してください。(笑っていいともの番組で行われている)


B1次面接試験【応募者の10%位が本試験を受験】
面接・音声(日本語の発音能力)・カメラテスト(原稿読み)

Cアナウンス講習会【30人前後が3〜4日間に各種講習を受ける】
発声・発音・早口言葉・アクセントなどのアナウンサーの基本的な知識の講義
一般常識・漢字・作文・自己紹介・テーマトーク(例:最近感動や感激したことは、挫折した経験は)

〔参考〕NTVなどは1日目はカメラを使った自己紹介+抜き打ち漢字テスト
2日目は女性はマラソンの実況中継・男性は野球の実況中継+前日の漢字テスト
3日目は四つのグループに分かれてディスカッション
4日目は自分で作ったニュース原稿を読むカメラテスト


D最終面接【局の重役による面接】

E内々定・F内定
内定後に誓約書に署名しなければならない。
内定者はミスコンテストや雑誌モデルなどを含めメディアに出演してはNG、公序良俗に反する行為やスキャンダラルになるようなことはNG


Gアナウンサー【初任給は約25万円】3月下旬〜4月
新人アナウンサー研修(局内や研修センター・特別養護老人ホーム・お寺などで行われる)
番組のアシスタントや取材レポーター、提供スポンサーやナレーション、深夜や早朝の番組出演(VTRを含む)

アナウンス部の部長の判断でニュース番組・天気予報・ゴールデン番組へ出演できる


在京キー局・準キー局(大阪・名古屋)※基本的には人物評価であるが、一部例外も有り得る。
地方局(札幌・仙台・静岡・福岡など)※人物評価以外に地方の地元の有力者の紹介がある場合がある。
BS/CS局、ネットTV局


アナウンサー特別講演無料
(対象者:大学生を中心に、短大生、専門生、一般) 希望者はメールから応募してください。

当局関連民放アナウンサー 日本テレビ テレビ朝日 TBS フジテレビ 地方局など (NHK・テレビ東京は除く)
地上波のテレビ局の報道局・一般職でも現場によってはレポーターなどの仕事があります。